HOME > JGSSDDS > JGSSDDSについて

JGSSデータダウンロードシステム(JGSSDDS)について

JGSSDDS構築の背景

日本学術振興会(JSPS)が進めている「人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業」は、人文学・社会科学研究に係るデータを分野や国を超えて共有・利活用する総合的なシステムを構築することを目的とします。拠点機関の1つのJGSS研究センターは、日本学術振興会(JSPS)と一体となって本目的の達成に向けて取り組んでいます。この推進事業の一環として、JGSSデータダウンロードシステム(JGSSDDS)を構築し、データ申請からデータ提供までのスピードアップを図り、利用を促進します。

本業務は、JSPS 人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業JPJS00218077184の委託を受けたものです。

JGSS研究センターは、JGSSとEASSのデータおよび寄託されたデータの共有化を効率的に行うために、国立情報学研究所(NII)、日立製作所と連携してJGSSデータダウンロードシステム(JGSSDDS)を開発しました。JGSSDDSは、国立情報学研究所(NII)が開発したWEKO3によるデータリポジトリの機能を拡張する形で、データの利用申請とダウンロード、データカタログの整備、研究成果登録やDOI(Digital Object Identifier)付与を一括して管理し実現するシステムです。

※ JGSSデータダウンロードシステムは、2021年の夏までに稼働する予定です。 JGSSDDSが稼働するまでは、JGSSデータの利用は、JGSS研究センターへのメールと郵送で行います。利用申請の手続きについてはこちらをご参照ください。

JGSSDDSの機能

アカウント登録

利用者は、利用者情報を記入し、アカウントを登録します。また、国⽴情報学研究所(NII)が開発・運営している研究データ管理サービスGakuNin RDMのユーザーIDとパスワードを使用してのログインも可能となります。

データの利用申請とダウンロード

利用者は、データごとに研究計画を作成して利用申請をします。JGSS研究センターは、利用申請の内容を審査し、承認の可否を判断します。承認後に、利用者はJGSSDDSからデータのダウンロードが可能となります(利用期間:許可された年度の3月31日まで)。

業績登録

利用者は随時、データを利用した成果物(研究論文など)を登録することが可能です。年度末には、研究の進捗状況を報告する必要があります。進捗を報告する際に、データの「利用継続」または「利用終了」を選択します。利用報告の未実施者に対しては、今後のデータ申請利用は認められません。

このページの先頭へ

JGSSDDSから公開予定のJGSS・EASSデータ

調査名 公開予定 追加データ
地域ブロック・
都道府県
地点情報 **
JGSS JGSS-2009LCS * 2021年夏
JGSS-2013LCS wave2 2021年夏
JGSS-2015 2021年夏
JGSS-2016 2021年夏
JGSS-2017/2018 統合データ 2021年夏
JGSS-2017G/2018G 統合データ 2021年夏
JGSS-2019LCS wave3 2022年3月
JGSS-2021 2023年3月
EASS EASS 2006
 Family Module
2021年夏 - -
EASS 2008
 Culture and Globalization Module
2021年夏 - -
EASS 2010
 Health Module
2021年夏 - -
EASS 2012
 Network Social Capital Module
2021年夏 - -
EASS 2015
 Work Life Module
2021年夏 - -
EASS 2016
 Family Module
2021年夏 - -
EASS 2018
 Culture and Globalization Module
2022年3月 - -
EASS 2006/2016 統合データ 2022年3月 - -
EASS 2008/2018 統合データ 2023年3月 - -

* Life Course Survey。28歳以上42歳以下を対象に実施したパネル調査。
** 抽出地点情報のデータ。システムでは申請受付のみで、来所にて利用。

このページの先頭へ