HOME > JGSSデータの利用 > データの入手方法と利用制限

データの入手方法と利用制限

公開の現状 
JGSSの調査データは、調査実施の約3年後に公開することを目指しています。下記のJGSS調査の個票データセットは、すでに公開用として各データ・アーカイブに寄託され、大学の授業や研究に活用されています。

JGSSの調査は「日本語」を使用していますが、海外の研究者の便宜をはかるため、2005年4月から、JGSS-2000以降の個票データや調査情報が日本語と英語の両方で作成されています。 

利用申請者用に、日本語と英語の個票データセットの他に、分析に必要な情報-コードブック(codes and variables, frequency tables)、データセットの重み付けに関する情報、調査票など-が英語でも作成されています。

詳しいデータ利用の申請方法については、ページ内下部の記載をご覧ください。

公開データの利用にあたっては、誓約事項を厳守してください。守られない場合は、以後のデータ利用が許可されません。

寄託しているデータセット       
調査名 実施時期 寄託先 本拠点から
公開
SSJDA ICPSR GESIS
JGSS-2013LCS(JGSS-2009LCSのwave2) 2013年2~3月
JGSS-2009LCS 2009年1~3月
JGSS-2017G/2018G統合データ 2017年11~12月
2018年11~12月
JGSS-2017/2018統合データ 2017年1~3月
2018年2~4月
JGSS-2016 2016年2~4月
JGSS-2015 2015年2~5月 * **
JGSS-2012 2012年2~4月
JGSS-2010 2010年2~4月
JGSS-2008 2008年10~12月
JGSS-2006 2006年10~12月
JGSS-2005 2005年8~11月
JGSS累積データ 2000-2003
※2000~2003年の調査データを統合した
データセットです。
-
JGSS-2003 2003年10~11月
JGSS-2002 2002年10~11月
JGSS-2001 2001年10~11月
JGSS-2000 2000年10~11月
第2回予備調査 1999年11月
第1回予備調査 1999年3月

*寄託済/ICPSRが処理中
**システム改修中で寄託保留
※JGSS-2008以降の公開データには、調査対象者の居住する都道府県に関するデータは含まれていません。また、JGSS-2012以降の公開データには地域ブロックのデータは含まれていません。利用を希望する方は、「地域ブロックと都道府県のデータの利用」をご参照ください。 

寄託先

JGSSデータセットは、以下のデータ・アーカイブに寄託されています。

日本 SSJDA:東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター
米国 ICPSR:Inter-university Consortium for Political and Social Research
ドイツ GESIS:German Social Science Infrastructure Services

第1回・第2回予備調査のデータセット(日本語のみ)は、SSJDAから入手できます。JGSS-2000以降のデータセットは、いずれのアーカイブからも日本語版・英語版をセットで入手できます。個票データの入手方法はアーカイブにより異なりますので、それぞれのホームページをご覧ください。

利用制限

大学や研究機関の研究者、大学院生、または教員の指導を受けた大学生は、学術目的であれば、JGSSの個票データセットを利用することができます。 また、教員が授業などで利用することも可能です。
基本的に学術目的での二次分析であれば、利用期限は設けられていませんが、教育目的の場合は、利用期限は1年間です。1年以上利用される方は、再度利用申請を行ってください。

留意事項

1.謝辞(Acknowledgement)の明記:
個票データを利用して二次分析の結果を発表する際には、必ず定型の文章を明記して下さい。SSJデータ・アーカイブからJGSSのデータを入手し、利用成果を発表する場合には、次の謝辞(Acknowledgement)を必ず明記してください(英語か日本語のいずれか一方)。
この明記が守られていない方は、以後のデータ利用が許可されない場合があります。

■ JGSSのAcknowledgement(日本語・英語のいずれかを明記)

利用したデータセットのうち最新のものがJGSS-2006~2012の場合*英語
The Japanese General Social Surveys (JGSS) are designed and carried out by the JGSS Research Center at Osaka University of Commerce (Joint Usage / Research Center for Japanese General Social Surveys accredited by Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology), in collaboration with the Institute of Social Science at the University of Tokyo. The project is financially assisted by the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology and Osaka University of Commerce. 
利用したデータセットのうち最新のものがJGSS-2006~2012の場合*日本語
日本版General Social Surveys(JGSS)は、大阪商業大学JGSS研究センター(文部科学大臣認定日本版総合的社会調査共同研究拠点)が、東京大学社会科学研究所の協力を受けて実施している研究プロジェクトである。JGSS-2000~2008は学術フロンティア推進拠点、JGSS-2010~2012は共同研究拠点の推進事業と大阪商業大学の支援を受けている。

 

利用したデータセットのうち最新のものがJGSS-2005の場合*英語
The Japanese General Social Surveys (JGSS) are designed and carried out at the Institute of Regional Studies at Osaka University of Commerce in collaboration with the Institute of Social Science at the University of Tokyo under the direction of Ichiro TANIOKA, Michio NITTA, Noriko IWAI and Tokio YASUDA. The project is financially assisted by Gakujutsu Frontier Grant from the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology for 1999-2008 academic years, and the datasets are compiled and distributed by SSJ Data Archive, Center for Social Research and Data Archives, Institute of Social Science, the University of Tokyo.
利用したデータセットのうち最新のものがJGSS-2005の場合*日本語
日本版General Social Surveys(JGSS)は、大阪商業大学比較地域研究所が、文部科学省から学術フロンティア推進拠点としての指定を受けて(1999-2008年度)、東京大学社会科学研究所と共同で実施している研究プロジェクトである(研究代表:谷岡一郎・仁田道夫、代表幹事:岩井紀子、代表副幹事:保田時男)。東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターがデータの作成と配布を行っている。

 

利用したデータセットのうち最新のものがJGSS-2003以前の場合*英語
The Japanese General Social Surveys (JGSS) are designed and carried out at the Institute of Regional Studies at Osaka University of Commerce in collaboration with the Institute of Social Science at the University of Tokyo under the direction of Ichiro TANIOKA, Michio NITTA, Hiroki SATO and Noriko IWAI with Project Manager, Minae OSAWA. The project is financially assisted by Gakujutsu Frontier Grant from the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology for 1999-2003 academic years, and the datasets are compiled and distributed by SSJ Data Archive, Information Center for Social Science Research on Japan, Institute of Social Science, the University of Tokyo.
利用したデータセットのうち最新のものがJGSS-2003以前の場合*日本語
日本版General Social Surveys(JGSS)は、大阪商業大学比較地域研究所が、文部科学省から学術フロンティア推進拠点としての指定を受けて(1999-2003年度)、東京大学社会科学研究所と共同で実施している研究プロジェクトである(研究代表:谷岡一郎・仁田道夫、代表幹事:佐藤博樹・岩井紀子、事務局長:大澤美苗)。東京大学社会科学研究所附属日本社会研究情報センターSSJデータアーカイブがデータの作成と配布を行っている。

 

■ ICPSRから入手した場合には、上記のAcknowledgementに加えて、ICPSRが定めている下記のcitationを参考文献のリストに加えること (データのversionは改定されることがある)

JGSS-2012
Tanioka, Ichiro, Iwai, Noriko, and Maeda, Yukio. Japanese General Social Survey (JGSS), 2012. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research [distributor], 2016-10-21. https://doi.org/10.3886/ICPSR3657
JGSS-2010
Tanioka, Ichiro, Maeda, Yukio, and Iwai, Noriko. Japanese General Social Survey (JGSS), 2010. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research [distributor], 2015-07-22. https://doi.org/10.3886/ICPSR34623.v3
JGSS-2008
Tanioka, Ichiro, Iwai, Noriko, Nitta, Michio, and Yasuda, Tokio. Japanese General Social Survey (JGSS), 2008. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research [distributor], 2015-07-21. https://doi.org/10.3886/ICPSR30661.v3
JGSS-2006
Tanioka, Ichiro, Iwai, Noriko, Nitta, Michio, and Yasuda, Tokio. Japanese General Social Survey (JGSS), 2006. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research [distributor], 2010-05-06. https://doi.org/10.3886/ICPSR25181.v1
JGSS-2005
Tanioka, Ichiro, Nitta, Michio, Iwai, Noriko, and Yasuda, Tokio. Japanese General Social Survey (JGSS), 2005. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research [distributor], 2007-08-13. https://doi.org/10.3886/ICPSR04703.v1
JGSS Cumulative Data 2000-2003
Tanioka, Ichiro, Iwai, Noriko, Nitta, Michio, and Sato, Hiroki. Japanese General Social Surveys (JGSS) Cumulative Data, 2000-2003. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research [distributor], 2008-12-08. https://doi.org/10.3886/ICPSR04472.v1
JGSS-2003
Tanioka, Ichiro, Iwai, Noriko, Nitta, Michio, and Sato, Hiroki. Japanese General Social Survey (JGSS), 2003. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research [distributor], 2005-09-30. https://doi.org/10.3886/ICPSR04242.v1
JGSS-2002
Tanioka, Ichiro, Iwai, Noriko, Nitta, Michio, and Sato, Hiroki. Japanese General Social Survey (JGSS), 2002. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research [distributor], 2007-03-30. https://doi.org/10.3886/ICPSR04214.v2
JGSS-2001
Tanioka, Ichiro, Iwai, Noriko, Nitta, Michio, and Sato, Hiroki. Japanese General Social Survey (JGSS), 2001. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research [distributor], 2007-03-30. https://doi.org/10.3886/ICPSR04213.v2
JGSS-2000
Tanioka, Ichiro, Iwai, Noriko, Nitta, Michio, and Sato, Hiroki. Japanese General Social Survey, 2000. Ann Arbor, MI: Inter-university Consortium for Political and Social Research [distributor], 2007-04-05. https://doi.org/10.3886/ICPSR03593.v2

 

2.出版物のコピーの送付:
JGSSデータを使って論文などを執筆された場合は、抜刷やコピーをお送りください。
SSJデータ・アーカイブから利用の場合→アーカイブに 2部 送付。
その他のアーカイブから利用の場合→JGSS研究センターに 1部 送付。

 

JGSS-2009LCSの利用申請方法

JGSS-2009LCSデータの公開と配布は、JGSS研究センターが直接行っています。利用を希望される方は、データ利用申請書に必要事項を記入(申請者氏名と指導教員氏名は自署)のうえ、PDFファイルを下記のメールアドレスまでお送りください。共同研究でデータを利用する場合、共同研究者全員が利用申請書を個別にご提出ください。学部生のデータ利用に関しては、卒業研究で必要な方のみ利用が許可されます。また学部生の利用には利用期間期限があり、申請年度の3月31日までとなります。

提出先:大阪商業大学JGSS研究センター
E-mail: jgssdds@daishodai.ac.jp  

センターでの審査の結果は、メールにてお知らせします。利用申請が受理された方は、データの送付のため、返信用レターパックプラス(お届け先欄に予め御氏名と御住所を記入)と空のCD-ROMをJGSS研究センターにご郵送ください。到着後、送付いただいたCD-ROMにデータ(SPSSファイル)を記録し、レターパックにて郵送いたします。

【留意点】JGSS-2009LCSは、通常のJGSSと異なり、特定の年齢層(満28歳以上42歳以下)を対象としていることにご留意ください。
また、JGSS-2009LCSの公開データには、調査対象者の居住する地域ブロックと都道府県に関するデータは含まれていません。利用を希望する方は、「地域ブロックと都道府県のデータの利用」をご参照ください。

利用成果を発表する場合には、次の謝辞(Acknowledgement)を必ず明記してください(英語か日本語のいずれか一方)。この明記が守られていない方は、以後のデータ利用が許可されない場合があります。 また、公開データを使って論文などを執筆された場合は、JGSS研究センターあてに利用報告書とともに抜刷やコピーを1部お送りください。

利用したデータセットのうち最新のものがJGSS-2009 LCSの場合*英語
The Japanese General Social Survey 2009 Life Course Study (JGSS-2009LCS) is designed and carried out by the JGSS Research Center at Osaka University of Commerce (Joint Usage/Research Center for Japanese General Social Surveys accredited by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology). The project was financially assisted by the Program for Promotion of Joint Research Centers in Humanities and Social Sciences by the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science, and Technology and Osaka University of Commerce .
利用したデータセットのうち最新のものがJGSS-2009 LCSの場合*日本語
日本版General Social Survey 2009 ライフコース調査(JGSS-2009LCS)は、大阪商業大学JGSS研究センター(文部科学大臣認定日本版総合的社会調査共同研究拠点)が実施している研究プロジェクトである。共同研究拠点の推進事業と大阪商業大学の支援を受けた。

 

JGSS-2013LCSの利用申請方法

JGSS-2013LCSデータの公開と配布は、JGSS研究センターが直接行っています。利用を希望される方は、データ利用申請書に必要事項を記入(申請者氏名と指導教員氏名は自署)のうえ、PDFファイルを下記のメールアドレスまでお送りください。学部生のデータ利用に関しては、卒業研究で必要な方のみ利用が許可されます。また学部生の利用には利用期間期限があり、申請年度の3月31日までとなります。

提出先:大阪商業大学JGSS研究センター
E-mail: jgssdds@daishodai.ac.jp  

センターでの審査の結果は、メールにてお知らせします。利用申請が受理された方は、データの送付のため、返信用レターパックプラス(お届け先欄に予め御氏名と御住所を記入)と空のCD-ROMをJGSS研究センターにご郵送ください。到着後、送付いただいたCD-ROMにデータ(SPSSファイル)を記録し、レターパックにて郵送いたします。

【留意点】JGSS-2013LCSは、JGSS-2009LCSの一部継続サンプルであり、前回調査であるJGSS-2009LCSのデータは含まれていません。パネルデータとして利用するためには、JGSS-2009LCSも併せて利用申請する必要があります。また、通常のJGSSと異なり、特定の年齢層(満28歳以上42歳以下)に焦点を絞った特殊なサンプリングをしていることもご留意ください。

また、JGSS-2009LCS、JGSS-2013LCSの公開データには、調査対象者の居住する地域ブロックと都道府県に関するデータは含まれていません。利用を希望する方は、「地域ブロックと都道府県のデータの利用」をご参照ください。

利用にあたっては、データ利用申請書に記載されている誓約事項を厳守してください。利用成果を発表する場合には、下記の謝辞(Acknowledgement)をそのまま論文、報告要旨などに必ず明記してください(英語・日本語のどちらか一方)。この明記が守られていない方は、以後のデータ利用が許可されない場合があります。 また、公開データを使って論文などを執筆された場合は、JGSS研究センターあてに抜刷やコピーを1部お送りください。

Acknowledgement*英語

The Japanese General Social Survey 2009 Life Course Study (JGSS-2009LCS) is designed and carried out by the JGSS Research Center at Osaka University of Commerce (Joint Usage/Research Center for Japanese General Social Surveys accredited by Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology). The Japanese General Social Survey 2013 Life Course Study wave2 (JGSS-2013LCS wave2) was conducted in collaboration with the Division of Sociology of Education, Graduate School of Education, Kyoto University. The project is financially assisted by JSPS KAKENHI Grant Number JP24330236, the Program for Promotion of Joint Research Centers in Humanities and Social Sciences by the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology and Osaka University of Commerce.

謝辞*日本語

日本版General Social Survey 2009ライフコース調査(JGSS-2009LCS)は、大阪商業大学JGSS研究センター(文部科学大臣認定日本版総合的社会調査共同研究拠点)が実施した研究プロジェクトである。JGSS-2013ライフコース調査wave2(JGSS-2013LCSwave2)は、京都大学大学院教育学研究科教育社会学講座と共同で実施したプロジェクトである。共同研究拠点の推進事業、JSPS科研費JP24330236と大阪商業大学の支援を受けた。

 

JGSS-2017/2018の利用申請方法

JGSS研究センターでは、JGSS-2017/2018の分析研究課題を募集しています。優れた分析案をご提案いただければ、JGSS-2017/2018データを一般公開以前に利用して いただけるほか、研究に対する支援も行います。

受付締切:2021年2月まで毎月15日締切

応募方法については、「分析研究課題の募集:JGSS-2017/2018」をご参照ください。

※JGSS-2018はJGSS-2017の拡大調査として実施したものであり、組み込んだ設問もほぼ同じです。採択者には、JGSS-2017・JGSS-2018のいずれかの利用を希望する場合も、JGSS- 2017とJGSS-2018を統合したデータセット(JGSS-2017/2018統合データ)を提供します。
※JGSS-2017/2018の公開データには、調査対象者の居住する地域ブロックと都道府県に関するデータは含まれていません。利用を希望する方は、「地域ブロックと都道府県のデータの利用」をご参照ください。

利用成果を発表する場合には、次の謝辞(Acknowledgement)を必ず明記してください(英語か日本語のいずれか一方)。この明記が守られていない方は、以後のデータ利用が許可されない場合があります。また、公開データを使って論文などを執筆された場合は、JGSS研究センターあてに利用報告書とともに抜刷やコピーを1部お送りください。

利用したデータセットがJGSS-2017とJGSS-2018の場合*英語
The Japanese General Social Surveys (JGSS) are designed and carried out by the JGSS Research Center at Osaka University of Commerce (Joint Usage / Research Center for Japanese General Social Surveys accredited by Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology), with support by the Osaka University of Commerce. JGSS-2017/2018 were conducted in collaboration with the Division of Sociology of Education, Graduate School of Education, Kyoto University. The projects were financially assisted by the Program for Promotion of Distinctive Joint Research Centers by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology, JSPS KAKENHI Grant Number JP17H01007. The data archiving for JGSS-2018 was supported by JSPS Program for Constructing Data Infrastructure for the Humanities and Social Sciences Grant Number JPJS00218077184.
利用したデータセットがJGSS-2017とJGSS-2018の場合*日本語
日本版General Social Surveys(JGSS)は、大阪商業大学JGSS研究センター(文部科学大臣認定日本版総合的社会調査共同研究拠点)が、大阪商業大学の支援を得て実施している研究プロジェクトである。JGSS-2017/2018は京都大学大学院教育学研究科教育社会学講座の協力を得て実施し、文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業 機能強化支援」とJSPS科研費JP17H01007の支援を受けた。JGSS-2018データの整備は、JSPS人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業JPJS00218077184の支援を得た。

 

利用したデータセットがJGSS-2017の場合*英語
The Japanese General Social Surveys (JGSS) are designed and carried out by the JGSS Research Center at Osaka University of Commerce (Joint Usage / Research Center for Japanese General Social Surveys accredited by Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology), with support by the Osaka University of Commerce. JGSS-2017 was conducted in collaboration with the Division of Sociology of Education, Graduate School of Education, Kyoto University. The project was financially assisted by the Program for Promotion of Distinctive Joint Research Centers by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology, JSPS KAKENHI Grant Number JP17H01007.
利用したデータセットがJGSS-2017の場合*日本語
日本版General Social Surveys(JGSS)は、大阪商業大学JGSS研究センター(文部科学大臣認定日本版総合的社会調査共同研究拠点)が、大阪商業大学の支援を得て実施している研究プロジェクトである。JGSS-2017は京都大学大学院教育学研究科教育社会学講座の協力を得て実施し、文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業 機能強化支援」とJSPS科研費JP17H01007の支援を受けた

 

利用したデータセットがJGSS-2018の場合*英語
The Japanese General Social Surveys (JGSS) are designed and carried out by the JGSS Research Center at Osaka University of Commerce (Joint Usage / Research Center for Japanese General Social Surveys accredited by Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology), with support by the Osaka University of Commerce. JGSS-2018 was conducted in collaboration with the Division of Sociology of Education, Graduate School of Education, Kyoto University. The project was financially assisted by the Program for Promotion of Distinctive Joint Research Centers by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology, JSPS KAKENHI Grant Number JP17H01007. The data archiving was supported by JSPS Program for Constructing Data Infrastructure for the Humanities and Social Sciences Grant Number JPJS00218077184.
  
利用したデータセットがJGSS-2018の場合*日本語
日本版General Social Surveys(JGSS)は、大阪商業大学JGSS研究センター(文部科学大臣認定日本版総合的社会調査共同研究拠点)が、大阪商業大学の支援を得て実施している研究プロジェクトである。JGSS-2018は京都大学大学院教育学研究科教育社会学講座の協力を得て実施し、文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業 機能強化支援」とJSPS科研費JP17H01007の支援を受けた。データの整備は、JSPS人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業JPJS00218077184の支援を得た。

 

JGSS-2017G/2018Gの利用申請方法

JGSS研究センターでは、JGSS-2017G/2018Gの分析研究課題を募集しています。優れた分析案をご提案いただければ、JGSS-2017G/2018Gデータを一般公開以前に利用して いただけるほか、研究に対する支援も行います。

受付締切:2021年2月まで毎月15日締切

応募方法については、「分析研究課題の募集:JGSS-2017G/2018G」をご参照ください。

※JGSS-2018GはJGSS-2017Gの拡大調査として実施したものであり、組み込んだ設問も同じです。採択者には、JGSS-2017G・JGSS-2018Gのいずれかの利用を希望する場合も、 JGSS-2017GとJGSS-2018Gを統合したデータセット(JGSS-2017G/2018G統合データ)を提供します。
※JGSS-2017G/2018Gの公開データには、調査対象者の居住する地域ブロックと都道府県に関するデータは含まれていません。利用を希望する方は、「地域ブロックと都道府県のデータの利用」をご参照ください。

利用成果を発表する場合には、次の謝辞(Acknowledgement)を必ず明記してください(英語か日本語のいずれか一方)。この明記が守られていない方は、以後のデータ利用が許可されない場合があります。また、公開データを使って論文などを執筆された場合は、JGSS研究センターあてに利用報告書とともに抜刷やコピーを1部お送りください。

利用したデータセットがJGSS-2017GとJGSS-2018Gの場合*英語
The Japanese General Social Surveys (JGSS) are designed and carried out by the JGSS Research Center at Osaka University of Commerce (Joint Usage / Research Center for Japanese General Social Surveys accredited by Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology), with support by the Osaka University of Commerce. JGSS-2017G/2018G were conducted in collaboration with the Division of Sociology of Education, Graduate School of Education, Kyoto University. The projects were financially assisted by the Program for Promotion of Distinctive Joint Research Centers by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology. The data archiving was supported by JSPS Program for Constructing Data Infrastructure for the Humanities and Social Sciences Grant Number JPJS00218077184.
  
利用したデータセットがJGSS-2017とJGSS-2018の場合*日本語
日本版General Social Surveys(JGSS)は、大阪商業大学JGSS研究センター(文部科学大臣認定日本版総合的社会調査共同研究拠点)が、大阪商業大学の支援を得て実施している研究プロジェクトである。JGSS-2017G/2018Gは、京都大学大学院教育学研究科教育社会学講座の協力を得て実施し、文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業 機能強化支援」を受けた。データの整備は、JSPS人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業JPJS00218077184の支援を得た。

 

利用したデータセットがJGSS-2017Gの場合*英語
The Japanese General Social Surveys (JGSS) are designed and carried out by the JGSS Research Center at Osaka University of Commerce (Joint Usage / Research Center for Japanese General Social Surveys accredited by Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology), with support by the Osaka University of Commerce. JGSS-2017G was conducted in collaboration with the Division of Sociology of Education, Graduate School of Education, Kyoto University. The project was financially assisted by the Program for Promotion of Distinctive Joint Research Centers by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology. The data archiving was supported by JSPS Program for Constructing Data Infrastructure for the Humanities and Social Sciences Grant Number JPJS00218077184.
利用したデータセットがJGSS-2017Gの場合*日本語
日本版General Social Surveys(JGSS)は、大阪商業大学JGSS研究センター(文部科学大臣認定日本版総合的社会調査共同研究拠点)が、大阪商業大学の支援を得て実施している研究プロジェクトである。JGSS-2017Gは、京都大学大学院教育学研究科教育社会学講座の協力を得て実施し、文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業 機能強化支援」の支援を受けた。データの整備は、JSPS人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業JPJS00218077184の支援を得た。

 

利用したデータセットがJGSS-2018Gの場合*英語
The Japanese General Social Surveys (JGSS) are designed and carried out by the JGSS Research Center at Osaka University of Commerce (Joint Usage / Research Center for Japanese General Social Surveys accredited by Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology), with support by the Osaka University of Commerce. JGSS-2018G was conducted in collaboration with the Division of Sociology of Education, Graduate School of Education, Kyoto University. The project was financially assisted by the Program for Promotion of Distinctive Joint Research Centers by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology. The data archiving was supported by JSPS Program for Constructing Data Infrastructure for the Humanities and Social Sciences Grant Number JPJS00218077184.
  
利用したデータセットがJGSS-2018Gの場合*日本語
日本版General Social Surveys(JGSS)は、大阪商業大学JGSS研究センター(文部科学大臣認定日本版総合的社会調査共同研究拠点)が、大阪商業大学の支援を得て実施している研究プロジェクトである。JGSS-2018Gは、京都大学大学院教育学研究科教育社会学講座の協力を得て実施し、文部科学省「特色ある共同研究拠点の整備の推進事業 機能強化支援」を受けた。データの整備は、JSPS人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業JPJS00218077184の支援を得た。

 

 

▲このページの先頭へ