HOME > 研究成果・教育活動 > 奨励プログラム

調査研究奨励プログラム

JGSSプロジェクトでは大学院生を対象に「JGSS調査研究奨励プログラム」を設けています。この制度は、JGSS(あるいはEASS)の調査設計から実施、データ解析、論文執筆という一連のプロセスに参加することで、若手研究者に全国調査(あるいは国際比較調査)を経験する機会を提供するものです。具体的には、JGSSの調査項目の選定、質問文や選択肢の改善、サンプリングなどに参加してもらうとともに、各自の関心に基づくJGSSデータの分析・論文作成の相談に応えています。特に、分析・論文作成の相談については、定期的に分析研究会を開いています。
当プログラムへの参加は、研究課題の公募や公募論文への応募を契機とすることを基本としています。

JGSS調査研究奨励プログラム終了者
五十嵐 彰  ユトレヒト大学大学院社会行動科学研究科:2015年3月修了
塩谷 尚正  関西大学大学院社会学研究科:2014年3月修了
伊達 平和  京都大学大学院教育学研究科:2014年3月修了
白川 俊之  同志社大学大学院社会学研究科:2013年3月修了
池田 真季  東京大学大学院人文社会系研究科:2013年3月修了
岡田 丈祐  京都大学大学院教育学研究科:2012年3月修了
松本 みゆき  名古屋大学大学院教育発達科学研究科:2012年3月修了
寺沢 拓敬  東京大学大学院総合文化研究科:2011年3月修了
藤井 暢弥  東京大学医学部:2011年3月修了
山本 洋介  京都大学大学院医学研究科:2010年3月修了
稲増 一憲  東京大学大学院人文社会系研究科:2010年3月修了
三澤 仁平  東北大学大学院医学系研究科:2010年3月修了
千早 健次  東北大学大学院文学研究科:2010年3月修了
永吉 希久子  大阪大学人間科学研究科:2010年3月修了
李容玲  大阪大学大学院人間科学研究科:2009年3月修了
奥山 尚子  大阪大学大学院国際公共政策研究科:2009年3月修了
白川 俊之  同志社大学大学院社会学研究科:2008年3月修了
森田 次朗  京都大学大学院文学研究科:2008年3月修了
朝田 佳尚  京都大学大学院文学研究科:2008年3月修了
孫郁雯  京都大学大学院人間・環境学研究科:2007年3月修了
野崎 祐子  広島大学大学院社会科学研究科:2007年3月修了
山本 理子  京都大学大学院文学研究科:2007年3月修了
都村 聞人  京都大学大学院教育学研究科:2007年3月修了
大槻 茂実  東京都立大学大学院社会科学研究科:2006年3月修了