HOME > 研究成果・教育活動 > 基礎集計表・コードブック

基礎集計表・コードブック

内容

基礎集計表・コードブックは、設問ごとの単純集計と変数コードを中心に、調査の方法、回収率ならびに欠票の分析などを掲載しています。これらの一部は、ホームページでも掲載しています。また、変数名作成のルール、抽出地点リスト、GSS・世論調査項目とJGSS調査項目の対応表などに加え、調査票、調査要領(調査員用)、欠票調査票など、実査に使用された印刷物のサンプルも掲載しています。個票データの申請者には、SSJデータ・アーカイブから基礎集計表・コードブック(冊子またはPDFファイル)が提供されます。

 Ⅰ調査概要
  1.プロジェクト委員会メンバー
  2.調査の内容
  3.調査の方法
  4.回収率ならびに欠票の分析
  5.データセットの重み付けについて
  6.JGSS関連の文献
  7.データの公開状況と入手方法
 Ⅱ集計と索引
  1.変数名作成のガイドライン
  2.基礎集計・コード表:面接調査票
  3.基礎集計・コード表:留置調査票
  4.事項索引
  5.変数名索引
 Ⅲ資料
  1.抽出地点リスト
  2.産業コード
  3.職業コード
  4.GSS・世論調査と調査項目(面接調査票)の対応表
  5.GSS・世論調査と調査項目(留置調査票)の対応表
  6.フローチャート
  7.面接調査票
  8.面接調査票 回答票(サンプル)
  9.留置調査票
  10.依頼状(調査へのご協力のお願い)
  11.調査要領

 

コードブック刊行リストと使用したデータセットのバージョン番号
 PDFファイルで閲覧できます。冊子をご希望の方はJGSS研究センターまでメールにてご連絡ください。送料はご負担ください。

コードブック データ バージョン番号
 コードブックJGSS-2016 2017/4/28時点のもの
 コードブックJGSS-2015 2017.4修正版 2017/4/28時点のもの
 コードブックEASS 2012 2014.6修正版 2014/6/3時点のもの
 コードブックJGSS-2012 2013.3発行 Version.1
 コードブックJGSS累積データ2000-2010 2012.3発行 Version.1
 コードブックEASS 2010 2012.5修正版 2012/5/17時点のもの
 コードブックJGSS-2010 2011.3発行 Version.1
 コードブックJGSS-2009LCS 2014.12修正 Version.1(2014/12/26時点のもの)
 コードブックEASS 2008 2010.3発行 2010/2/25時点のもの
 コードブックJGSS-2008 2010.3発行 Version.1
 コードブックEASS 2006 2009.3発行 2009/2/20時点のもの
 コードブックJGSS-2006 2008.3発行 Version.1
 コードブックJGSS-2005 2007.3発行 Version.1
 コードブックJGSS累積データ2000-2003 2006.3発行 Version.1
 コードブックJGSS-2003 2005.3発行 Version.1
 コードブックJGSS-2002 2004.3発行 Version.1
 コードブックJGSS-2001 2003.3発行 Version.2
 コードブックJGSS-2000 2002.3発行 Version.2
第2回予備調査 Version.3
第1回予備調査 Version.1
このページの先頭へ

コードブック正誤表

作成された個票データには、すでにクリーニングが施されていますが、寄託後も必要があれば、データに修正が加えられることがあります。基礎集計表・コードブックに掲載された集計は、作成時点で最も新しいデータセットを使用していますが、刊行後のデータ修正は反映されません。ホームページでは、最新バージョンのデータセットを使用し、データの修正があれば随時更新しています。以下に掲載する正誤表は、基礎集計表・コードブックの作成時点でのエラーを正すもので、単純集計、変数名、コードなどを最新データセットにあわせて更新するものではありませんので、ご注意ください。

「JGSS累積データ2000-2010」コードブック正誤表

ページ 位置
247 変数名 FQ7CKDNR 集計表の数値 集計表の数値修正
248 変数名 FQ7SHOP 集計表の数値 集計表の数値修正

 

「EASS 2008」コードブック正誤表

ページ 位置
112 17. v17 台湾のデータなし 台湾の「v17_jptw」の
データを追加
113 18. v17_jptw 変数名「v17_jptw」 変数名を「v17_jp」とし、
台湾のデータを削除
159 No.17 v17_jptw v17_jp
159 No.17「TSCS」 None D1.a.
159 No.18「TSCS」 D1.a. None
166 EASS 2008調査票 v17_jptw v17_jp
278 No.17 v17_jptw v17_jp
150 152.rltvhinc 韓国の値 コード1の値1.5 14.5
コード2の値16.6 30.8
コード4の値30.8 16.6
コード5の値14.5 1.5

 

「EASS 2006」コードブック正誤表

ページ 位置 追加
218 一番下、表欄外に記述追加

TOPBOT
質問文: In our society there are groups which tend to be towards
the top and groups which tend to be towards the bottom. Below
is a scale that runs from bottom to top. Where would you put
yourself on this scale?

COMHINC
質問文: Compared with [country/region] families in general, what
would you say about your family income?

 

「JGSS-2005」コードブック正誤表

ページ 位置
195 左の列の上から5,6行目 岡山県 岡山市 2 30
岡山県 倉敷市 1 15
岡山県 倉敷市 3 45

 

「JGSS累積データ2000-2003」コードブック正誤表

ページ 位置
328 JGSS-2000面接調査票 問1(15)(a)仕事の上であなたを管理・監督する人 問1(15)(a) 仕事の上であなたが管理・監督する人

 

「JGSS-2002」コードブック正誤表

ページ 位置
33 下から3行目 JGSS-2000調査の方法 JGSS-2001調査の方法
35 下から2行目 JGSS-2000回収率 JGSS-2001回収率

 

「第2回予備調査」コードブック正誤表

ページ 位置
目次 下から3行目 データセットVersion2使用 データセットVersion3使用
93 問18 集計 1人 ケース数 57 58
集計 1人 % 7.2 7.3
集計 4人 ケース数 168 167
集計 4人 % 21.3 21.1

 

「第1回予備調査」コードブック正誤表

ページ 位置
14 表8 5列目男性 29(18.5) 28(18.5)
5列目女性 32(21.4) 34(21.4)
5列目女性 61(19.7) 60(20.0)
77 問19 H1AGE コード 1~5 (実数記入)
H1AGE 年齢:回答者 年齢:本人についてのみ集計
H1SEX 性別:回答者 性別:本人についてのみ集計
H1DOSS 有配偶:回答者 有配偶:本人についてのみ集計
H1HEAD 世帯主:回答者 世帯主:本人についてのみ集計
 
このページの先頭へ