大阪商業大学 JGSS研究センター


HOME > JGSSデータの利用 > 地域ブロックと都道府県のデータの利用

地域ブロックと都道府県のデータの利用

JGSS-2008,JGSS-2010,JGSS-2012,JGSS-2015,JGSS-2016の地域ブロックと都道府県のデータの利用申請方法

調査対象者の居住する都道府県に関するデータは、JGSS-2006以前の公開データには含まれています。
地域ブロックのデータは、JGSS-2000、JGSS-2001、JGSS-2002、JGSS-2003、JGSS累積データ2000-2003、 JGSS-2005、JGSS-2006、JGSS-2008、JGSS-2010の公開データには含まれています。

下記のデータについては、JGSS研究センターから直接、データの公開・配布を行っています。

● JGSS-2008の都道府県、15歳の頃の都道府県
● JGSS-2010の都道府県、15歳の頃の都道府県
● JGSS-2012の地域ブロックと都道府県、15歳の頃の都道府県
● JGSS-2015の地域ブロックと都道府県、15歳の頃の都道府県、20歳の頃の都道府県 (「分析研究課題の募集:JGSS-
   2015」に応募し 採択された場合に利用申請可)
 
● JGSS-2016の地域ブロックと都道府県、15歳の頃の都道府県、20歳の頃の都道府県 (「分析研究課題の募集:JGSS-        2015」の応募し採択者された場合に利用申請可。利用を希望される方は、JGSS研究センターで公開しているJGSS-2016のデータセットの申請に加え、下記の追加データ利用申請の手続きが必要です。JGSS-2016のデータセットの利用申請については、データの入手方法と利用制限をご参照ください。)  

※上記の地域ブロックと都道府県に関するデータの利用は、学部生には許可していません

地域ブロックと都道府県に関するデータの利用を希望される方は、データ利用申請書に必要事項を記入のうえ、下記のあて先まで郵送でお送りください。複数調査年のデータを申請する場合は、調査ごとにデータ利用申請書が必要です。共同研究でデータを利用する場合、共同研究者全員が利用申請書を個別にご提出ください。なお、保証人として、研究学科長等の所属長の署名と捺印が必要です。大学院生の場合は、保証人とは別に指導教員の署名と捺印も必要です。

 〒577-8505
大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10
大阪商業大学 JGSS研究センター  
(「JGSS追加データ利用申請書在中」と朱書のこと)

センターでの審査の結果は、メールにてお知らせします。利用申請が受理された方は、データの送付のため、返信用レターパックプラス(お届け先欄に予め御氏名と御住所の記入)と空のCD-ROMをJGSS研究センターにご郵送ください。到着後、送付いただいたCD-ROMにデータ(SPSSファイル)を記録し、レターパックにて郵送いたします。

利用にあたっては、データ利用申請書に記載されている誓約事項を厳守してください。利用成果を発表する場合には、謝辞(Acknowledgement)を必ず明記してください(英語か日本語のいずれか一方)。この明記が守られていない方は、以後のデータ利用が許可されない場合があります。 また、公開データを使って論文などを執筆された場合は、JGSS研究センターあてに利用報告書とともに抜刷やコピーを1部お送りください。

 

JGSS-2009LCS,JGSS-2013LCSの地域ブロックと都道府県のデータの利用申請方法

JGSSライフコース調査(JGSS-2009LCS)は、通常のJGSSと異なり、全国の28 歳から 42 歳の男女に絞って、現在の意識と行動に加えて、中学卒業後から現在にいたる学校歴、職業経歴、ならびに家族形成について詳細に尋ねています。JGSS-2013LCSは、JGSS-2009LCSの調査対象者に対して行ったパネル調査です。
JGSS-2009LCSおよびJGSS-2013LCSのデータセットの公開と配布は、JGSS研究センターが直接行っています(データセットの利用申請方法については、データの入手方法と利用制限をご参照ください)。

JGSSライフコース調査(JGSS-2009LCS、JGSS-2013LCS)の地域ブロックと都道府県のデータの利用を希望する方は、データセットの申請に加え、下記の追加データ利用申請の手続きが必要です。

● JGSS-2009LCSの地域ブロックと都道府県、15歳の頃の都道府県
● JGSS-2013LCSの地域ブロックと都道府県

※原則としてJGSSの地域ブロックと都道府県に関するデータの利用は、学部生には許可していません。ただし、例外として、JGSSライフコース(JGSS-2009LCS、JGSS-2013LCS)の地域ブロック・都道府県に関するデータのみ、卒業研究を目的とした学部生の利用申請が可能です。許可された場合、追加データの利用期間は、申請年度の3月31日までとなります。

地域ブロックと都道府県に関するデータの利用を希望される方は、データ利用申請書に必要事項を記入のうえ、下記のあて先まで郵送でお送りください。複数調査年のデータを申請する場合は、調査ごとにデータ利用申請書が必要です。共同研究でデータを利用する場合、共同研究者全員が利用申請書を個別にご提出ください。なお、保証人として、研究学科長等の所属長の署名と捺印が必要です。大学院生の場合は、保証人とは別に指導教員の署名と捺印も必要です。

 〒577-8505
大阪府東大阪市御厨栄町4-1-10
大阪商業大学 JGSS研究センター  
(「JGSS追加データ利用申請書在中」と朱書のこと)

センターでの審査の結果は、メールにてお知らせします。利用申請が受理された方は、データの送付のため、返信用レターパックプラス(お届け先欄に予め御氏名と御住所の記入)と空のCD-ROMをJGSS研究センターにご郵送ください。到着後、送付いただいたCD-ROMにデータ(SPSSファイル)を記録し、レターパックにて郵送いたします。

利用にあたっては、データ利用申請書に記載されている誓約事項を厳守してください。利用成果を発表する場合には、謝辞(Acknowledgement)を必ず明記してください(英語か日本語のいずれか一方)。この明記が守られていない方は、以後のデータ利用が許可されない場合があります。 また、公開データを使って論文などを執筆された場合は、JGSS研究センターあてに利用報告書とともに抜刷やコピーを1部お送りください。

 

 

▲このページの先頭へ