HOME > JGSSの調査概要 > JGSS-2018の調査概要

JGSS-2018「第12回 生活と意識についての国際比較調査」の調査概要

調査票

日本語版

 

  

標本抽出

調査地域 全国
調査対象 2017年12月31日時点で満20歳以上89歳以下の男女個人
(昭和3年1月1日~平成9年12月31日までに生まれた男女)
標本数 4,000人
抽出方法 層化二段無作為抽出法
(全国を6ブロックに分け、市郡規模によって4段階に層化し、人口比例により267地点を抽出。各地点において、15名前後を抽出。)

 

実施の方法

各調査対象者に対して、面接調査法と留置調査法を併用している。

実査は、一般社団法人中央調査社に委託して、2018年2月~4月に実施した。
面接調査と留置調査の実施順序は、対象者の都合や希望を考慮し、調査員の状況判断に任せた。調査員には、調査の実施順序を記録させた。

実査の費用は、JSPS科研費17H01007「東アジアにおける家族の変容と社会の持続可能性に関する総合的研究」(平成29~31年度基盤(A)研究代表:岩井紀子)の助成を受けている。

本調査は、大阪商業大学 JGSS研究センターが主体となって、2000年から実施してきた「生活と意識についての国際比較調査」(日本版総合的社会調査:略称JGSS)の12回目の調査にあたり、20~89歳の男女4,000名を対象に実施した。

 

 
このページの先頭へ