HOME > JGSSの調査概要 > JGSS-2008の調査概要

JGSS-2008「第7回生活と意識についての国際比較調査」の調査概要

調査票

日本語版 英語版

 

 

コードブック

日本語版

 

 

標本抽出

調査地域 全国
調査対象 2008年8月31日時点で満20歳以上89歳以下の男女個人
(大正7年9月1日~昭和63年8月31日までに生まれた男女)
標本数 8,000人
抽出方法 層化二段無作為抽出法
(全国を6ブロックに分け、市郡規模によって4段階に層化し、人口比例により529地点を抽出。各地点において等間隔抽出法により、13~16名を抽出。)

 

実施の方法

2008年10月~12月社団法人 中央調査社に委託した。
JGSSでは調査の一部を面接調査で行い、残りの部分を留置調査で行っているが、今回の調査では、内容の異なる2種類の留置調査票(A票とB票)を用いている。
A票には主に継続的な設問と時事的な設問が含まれ、B票には主にEASSモジュールの設問が含まれている。A票とB票はおよそ半数ずつランダムに配布している。
面接調査と留置調査の実施順序は、対象者の都合や希望を考慮し、調査員の状況判断に任せた。 調査員には、調査の実施順序を記録させた。

単位:ケース数(%)
留置調査票の種類 面接→留置 留置→面接 無回答
A票 1,752(85.0) 281(13.6) 27(1.3) 2,060(100.0)
B票 1,868(86.5) 257(11.9) 35(1.6) 2,160(100.0)
合計 3,620(85.8) 538(12.7) 62(1.5) 4,220(100.0)

 

回収率

留置調査票の種類 A票 B票
アタック数 3,997ケース 4,003ケース
有効回収数 2,060ケース 2,160ケース
無効票数 1,937ケース
(うち転居148、住所不明84、死亡7、長期不在75、病気82、入院45、その他18)
1,843ケース
(うち転居154、住所不明78、死亡6、長期不在63、病気86、入院31、その他19)
回収率 58.2% 60.6%

 

回答者の性別・年齢別分布

留置調査票がA票

単位:ケース数(%)
  20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代
男性 79
(8.0)
146
(14.9)
164
(16.7)
211
(21.5)
221
(22.5)
129
(13.1)
32
(3.3)
982
(100.0)
女性 85
(7.9)
196
(18.2)
192
(17.8)
225
(20.9)
162
(15.0)
162
(15.0)
56
(5.2)
1,078
(100.0)
164
(8.0)
342
(16.6)
356
(17.3)
436
(21.2)
383
(18.6)
291
(14.1)
88
(4.3)
2,060
(100.0)

 

留置調査票がB票

単位:ケース数(%)
  20代 30代 40代 50代 60代 70代 80代
男性 121
(12.1)
175
(17.4)
143
(14.2)
185
(18.4)
213
(21.2)
136
(13.5)
31
(3.1)
1,004
(100.0)
女性 125
(10.8)
174
(15.1)
186
(16.1)
220
(19.0)
237
(20.5)
161
(13.9)
53
(4.6)
1,156
(100.0)
246
(11.4)
349
(16.2)
329
(15.2)
405
(18.8)
450
(20.8)
297
(13.8)
84
(3.9)
2,160
(100.0)
 
このページの先頭へ